下高井戸整骨院 下高井戸 整骨院 鍼灸
コラム
鍼について

こんにちは!

気温差が大きくなってきましたがお身体の不調など出ていませんか?

今回はそういった症状にもよく効く鍼についてお話をさせていただこうと思います

 

皆さん鍼は受けたことありますか?

下高井戸整骨院に来ていただいている方は受けたことがあるという人が多いかもしれませんね!

鍼って何なの?ということを詳しくお話していきます!

 

きわめて細いステンレス製の鍼(長さ約40mm~80mm、太さ直径0.10mm~0.33mm)を経穴(ツボ)や筋肉に刺入します。刺入方法は、主に管鍼法と言って円形の金属或いは合成樹脂製の筒を用いて無痛で刺入します。なお、一部では、中国で行われている方法として筒を使わずに鍼を親指と示指でつまみ刺入する方法も行われています。経穴(ツボ)に刺入した鍼は一定の刺激(鍼を上下したり回旋、振動させたりします。)を加え直ぐに抜く方法と数分間置いておく場合があります。また、刺入した鍼に、微弱な低周波パルス通電をする場合もあり痛みや筋肉のこり、血液循環の促進に効果があります。
その他、刺入せずに皮膚に接触させたり押圧させたする方法もあり、小児鍼として乳幼児の夜尿症,夜泣きなどに効果があります。

当院では一回限りで使い捨てのディスポ鍼を使用しております。一番衛生的ですので感染症の心配は有りません。

 

なぜ鍼は効くのかというと

鍼灸の効果の研究は、各地にある研究所、医療機関、鍼灸大学、短期大学などで意欲的に進められております。総合的には、鍼灸刺激が自律神経系、内分泌系、免疫系等に作用して、その結果として、中枢性及び反射性の筋緊張の緩和、血液及びリンパ液循環の改善等の作用があり、ひいては、生体の恒常性(病気を自然に回復させる作用)に働きかけるのではないかと考えられています。

また、古来より認められている鎮痛効果の解明も次ぎのような諸説があります。

  1. ゲートコントロール…針刺激が脊髄において痛みを抑制する。
  2. エンドルフィン…針刺激がモルヒネ様鎮痛物質の遊離を促し痛みを抑制する。
  3. 末梢神経の遮断効果…針刺激が末梢神経の痛みのインパルスを遮断する。
  4. 経穴(ツボ)の針刺激による痛覚閾値の上昇による鎮痛効果。
  5. 血液循環の改善…筋肉の緊張をゆるめ血行状態を良くする。

ということです!

 

少し長くなってしまったので今回はここまでにしたいと思います!

ツラい症状でお悩みの方、なかなか良くならないという方などは一度鍼を試してみてはいかがでしょうか?

 

次回は下高井戸整骨院での鍼はどういうものがあるかというところをお話していきたいと思います!

 

それでは(‘◇’)ゞ

 

 

参考URL 公益社団法人 日本鍼灸師会

https://www.harikyu.or.jp/

 

下高井戸整骨院

平日 9時~12時 15時~20時

土日祝 10時~12時 14時~18時

第一日曜日 10時~15時 休憩なし

お休み 木曜日 第三水曜日

03-6379-3933

下高井戸整骨院

〒156−0043 東京都世田谷区松原3-41-6

診療時間 / 平日:午前 9:00~12:00・15:00~20:00
土日祝日:午前 10:00~12:00・14:00~18:00
休診日:木曜日、第3水曜日

診療時間 / 平日:午前 9:00~12:00・15:00~20:00
土日祝日:午前 10:00~12:00・14:00~18:00
休診日:木曜日、第3水曜日